ここからページコンテンツが開始します

教員紹介

氏 名野村 亜由美 (ノムラ アユミ)
職 位准教授
所 属看護学科
看護科学域
年 報2019(505kB)
 
専門・研究分野基礎看護学,医療人類学,国際看護
最終学歴・学位博士(医学)
研究テーマ老いと生に関する医療人類学的研究
研究キーワードスリランカ
老い
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【発表】
・「生き抜く力―津波被災を生き延びた人びと、COVID-19を越えがたい今:Strength to survive―People who survived the tsunami and now it is hard to overcome COVID-19」、2021年度シンポジウム「コロナ禍のアジア・アフリカにおける高齢者の生存:地域社会と保健システムを模索する」日本国際保健医療学会第36回学術大会(オンライン開催)、2021年11月28日。
・「不問のケアからケアの選別へ」令和3年度国立民族学博物館共同研究会「心配と係り合いについての人類学的探求」(オンライン開催)、2022年2月19-20日

【著書】
・『基礎看護学』「与薬」、メディカ出版、2022年
・『CandY Link』「看護管理」メディカ出版、2022年
・『看護研究』「質的研究」「事例研究」、メディカ出版、2022年
受 賞
主な学会活動・日本文化人類学会員
・日本保健科学学会員(評議員)
・日本保健医療社会学会員
・日本看護科学学会員
社会等との関わり・医療法人敬天会理事
・奈良学園大学非常勤講師
個人のURL
担当科目
  • 基礎看護学実習Ⅰ
  • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 実践基礎援助学(看護過程演習)
  • 看護基礎援助学Ⅲ(日常生活援助技術演習)
  • 看護研究
  • 実践基礎援助学(看護過程)
  • 看護基礎援助学Ⅰ(人間関係論)
  • 看護基礎援助学Ⅳ(ヘルスアセスメント論)
  • 看護基礎援助学Ⅱ(日常生活援助技術論)
  • 看護基礎援助学Ⅶ(診療援助技術演習)
  • 看護基礎援助学Ⅴ(ヘルスアセスメント演習)
  • 看護学概論Ⅰ
  • 看護基礎援助学Ⅵ(診療援助技術論)
  • 国際看護学
  • 看護倫理学
  • 看護学概論Ⅱ
  • 地域創生看護学/フィールドワーク演習
  • 国際看護学/医療人類学Ⅰ
  • 看護過程
  • 看護過程演習
  • 生活援助技術論演習
  • 人間関係論
  • 生活援助技術論
  • 医療支援技術論
  • 医療支援技術論演習
  • 看護科学特別研究Ia
  • 看護研究方法論Ⅱ
  • 看護研究方法論Ⅱ
  • 国際看護活動論
  • 国際看護/医療人類学特論演習Ⅱ
  • 国際看護/医療人類学特論演習Ⅲ
  • 国際看護/医療人類学特論
  • 国際看護/医療人類学特論演習Ⅰ
  • 看護科学特別研究Ia
  • 看護科学特別研究Ib
  • 看護科学特別研究Ib
オフィスアワー適宜(要予約)
研究室428
内線番号429
メールアドレスメールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等