ここからページコンテンツが開始します

教員紹介

氏 名来間 弘展 (クルマ ヒロノブ)
職 位教授
所 属理学療法学科
理学療法科学域
年 報2021(470kB)2019(492kB)2018(639kB)
 
専門・研究分野徒手理学療法
最終学歴・学位東京都立保健科学大学 保健科学研究科 修了・博士(保健科学)
研究テーマ
研究キーワード
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
<書籍>
・山内正雄、来間弘展他:頚部機能障害理学療法ガイドライン (理学療法ガイドライン第2版). 医学書院p191-218.2021年10月
・来間弘展:徒手理学療法 (標準理学療法学 骨関節理学療法学第2版). 医学書院p32-37. 2021年10月
・19章 すべてを統合する(in 理学療法エビデンス大事典)、来間弘展訳、p402-439、西村書店、2019年7月
・第7章顎関節の構造と機能 (運動学とバイオメカニクスの基礎)、来間弘展訳、南江堂、2019年9月

<論文>
・Ryota Yoshida, Toru Yasuda, Hironobu Kuruma: Analysis of cervical and upper thoracic spinal segmental rotation angles during end-range neck rotation: Comparison with and without neck pain. DOI: 10.1080/10669817.2022.2056309,2022, Journal of Manual & Manipulative Therapy.
・M Kim, H Kuruma, C Thawisuk: The use of elastic band exercise as a physical therapy intervention for improving shoulder function in older adults: a scoping review. Journal of Exercise Rehabilitation. 17(5). 313-318. 2021年10月
・Y Higo, H Kuruma: Effects of Lower-limb muscle fatigue, cardiopulmonary fatigue, and brain fatigue tasks on one-legged landing motion. Physical Therapy Research. 24(3). 264-271. 2021年10月
・村本勇貴、来間弘展:ジャンパー膝を有する大学女性バレーボール選手の体幹筋厚変化率と着地動作の関係. 体力科学 70(6). P395-399. 2021年12月
・Muramoto Y, Kuruma H: Comparison between bracing and hollowing trunk exercise with a focus on the change in T2 values obtained by magnetic resonance imaging.PLoS One.Oct8 15(10):e0240213.2020
・Quadriceps settingにおける大腿四頭筋各筋の筋硬度の分析 Shear Wave Elastographyを用いて,山内智之、来間弘展、雨宮耕平,理学療法科学,2018年8月
・雨宮耕平、来間弘展、山内智之:腹臥位股関節伸展運動時の筋活動パターンと歩行時股関節・骨盤運動との関係. 理学療法科学,2018年8月
・根本海渡、来間弘展、高瀬真理:変形性膝関節症患者に対して軟部組織モビライゼーションを施行した一症例 下肢マルアライメントに着目して.運動器徒手理学療法,,2018年10月
・新井龍一、来間弘展、根本海渡: 深部横断マッサージが拮抗筋の筋機能に与える影響. 理学療法科学,2018年12月
受 賞
主な学会活動日本筋骨格系徒手理学療法研究会 理事
日本運動器徒手理学療法学会 理事
日本徒手理学療法学会 事務局長
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 運動学実習
  • 筋・骨格系理学療法学
  • 整形外科学Ⅰ
  • 脳神経外科学
  • 整形外科学Ⅱ
  • 卒業研究
  • 徒手理学療法学
  • 徒手理学療法学実習
  • 総合臨床実習Ⅰ
  • 物理療法学演習
  • 機能・能力診断学実習Ⅱ
  • 臨床見学実習
  • 地域理学療法学臨床実習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 神経筋骨格系医学評価特論
  • 筋骨格系理学療法学特論
  • 筋骨格系理学療法学特論
  • 筋骨格系理学療法学特論演習
  • 筋骨格系理学療法学特論演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究a
  • 筋骨格系理学療法学特講演習
  • 筋骨格系理学療法学特講演習
  • 筋骨格系理学療法学特講
  • 筋骨格系理学療法学特講
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
  • 慢性疼痛管理特論
  • 徒手理学療法特論
  • トレーニング理論特論
  • 神経モビライゼーション特論
  • 下肢モビライゼーション特論演習
  • 体幹モビライゼーション特論
  • アドバンストモビライゼーション特論
  • 統合徒手理学療法演習
  • 徒手理学療法臨床実習Ⅰ
  • 徒手理学療法臨床実習Ⅱ
オフィスアワー木 16:00-18:00
研究室荒川キャンパス 研究室566
内線番号440
メールアドレスメールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等