ここからページコンテンツが開始します

教員紹介

氏 名板垣 篤典 (イタガキ アツノリ)
職 位助教
所 属理学療法学科
理学療法科学域
年 報
 
専門・研究分野内部障害学、老年学、健康科学、理学療法学
最終学歴・学位東北大学大学院 医学系研究科 障害科学専攻 博士後期課程(機能医科学講座 内部障害学分野)・ 博士(障害科学)
研究テーマ
研究キーワード
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【論文】
Observation of respiration-entrained brain oscillations with scalp EEG
Tatsunori Watanabe, Atsunori Itagaki, Akira Hashizume, Aoki Takahashi, Riku Ishizaka, Isamu Ozaki
Neuroscience Letters 797 137079-137079 2023年2月

青森県の保健医療福祉職のニーズを踏まえた研修の検討
鄭 佳紅, 齋藤 長徳, 工藤 英明, 伝法谷 明子, 板垣 篤典, 大西 学
青森保健医療福祉研究 4(1) 48-53 2022年11月

Authors' reply.
Atsunori Itagaki, Masahiro Kohzuki
Journal of cardiology 2021年10月

Impact of frailty and mild cognitive impairment on delirium after cardiac surgery in older patients.
Atsunori Itagaki, Koji Sakurada, Minoru Matsuhama, Junji Yajima, Takeshi Yamashita, Masahiro Kohzuki
Journal of cardiology 2020年8月

Factors related to physical functioning decline after cardiac surgery in older patients: A multicenter retrospective study.
Atsunori Itagaki, Masakazu Saitoh, Daisuke Okamura, Tomonori Kawamura, Shota Otsuka, Masayuki Tahara, Yuji Mori, Kenta Kamisaka, Yusuke Ochi, Satoshi Yuguchi, Michitaka Kato, Tomoyuki Morisawa, Tetsuya Takahashi
Journal of cardiology 74(3) 279-283 2019年9月

Impact of heart failure on functional recovery after hip fracture.
Atsunori Itagaki, Ayaka Kakizaki, Miyuki Funahashi, Kaori Sato, Kyoko Yasuhara, Akira Ishikawa
Journal of physical therapy science 31(3) 277-281 2019年3月

The cut-off point of short physical performance battery score for sarcopenia in older cardiac inpatients
D. Ishiyama, M.Yamada, A. Makino, S. Iwasaki, Y. Otobe, A. Shinohara, N. Nishio, Y. Kimura, A. Itagaki, S. Koyama, M.Yagi, Y. Matsunaga, K.Mizuno, K. Matsushita
European Geriatric Medicine 8(4) 299-303 2017年9月

積極的な外来心臓リハビリテーションの腎機能に及ぼす影響
板垣 篤典, 櫻田 弘治, 加藤 祐子, 石井 香織, 葉山 恵津子, 中嶋 美保子, 長山 医, 小林 みどり, 川間 健之介, 矢嶋 純二, 山下 武志
心臓リハビリテーション 23(1) 32-37 2017年6月

Combination of Low Body Mass Index and Low Serum Albumin Level Leads to Poor Functional Recovery in Stroke Patients
Yosuke Kimura, Minoru Yamada, Tomohiro Kakehi, Atsunori Itagaki, Naoki Tanaka, Yasushi Muroh
Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases 26(2) 448-453 2017年2月1日


【書籍等出版物】
わかる!できる!心臓リハビリテーションQ&A
高橋,哲也, 板垣, 篤典 (担当:共著, 範囲:pp.64-65 [Q24 薬の種類および投与量によってリハビリテーションの進行を調節するポイントは?] pp.66-67 [Q25 急性期の心臓リハビリテーションを進める際に確認すべきデータは?].)
医歯薬出版 2018年10月 (ISBN: 9784263265659)

エピソードで学ぶ転倒予防78 : 医療・介護・在宅でのコモンプロブレムへの介入
山田,実, 板垣,篤典 (担当:共著, 範囲:pp.106-107 [No53. 虚血性心疾患患者における転倒予防], pp.108-109 [No54. 心臓外科手術患者における転倒予防], pp.110-111 [No55. 閉塞性動脈硬化症における転倒予防].)
文光堂 2018年5月 (ISBN: 9784830645662)

イラストでわかる高齢者の生活機能向上支援 : 地域ケアでの実践と手法の活用
山田,実, 板垣,篤典 (担当:共著, 範囲:pp.146-147 [慢性腎臓病−評価のポイント], pp.148-149 [慢性腎臓病− 介入のポイント], pp.150-151 [高血圧症− 評価のポイント], pp.152-153 [高血圧症− 介入のポイント], pp.158-159 [虚血性心疾患− 評価のポイント], pp.160-161 [虚血性心疾患− 介入のポイント].)
文光堂 2017年5月 (ISBN: 9784830645570)


【共同研究・競争的資金等の研究課題】
高濃度酸素と運動のシナジー効果を用いた新たな血糖値改善方法の構築
日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 2023年4月 - 2027年3月
配分額(総額) 4,420,000円
李 相潤, 板垣 篤典

心不全高齢者のオーラルフレイル関連因子の解明:自律神経及び嚥下筋特性に着目して
日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究 若手研究 2022年4月 - 2025年3月
配分額(総額) 4,680,000円
板垣 篤典

次世代の低栄養評価法であるGLIM基準と地域在住高齢者の骨格筋機能特性
日本学術振興会 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援 研究活動スタート支援 2020年9月 - 2023年3月
配分額(総額) 2,860,000円
板垣 篤典

Visited the Stanford University, Stanford Hospital and Santa Clara Valley Medical Center
筑波大学 海外武者修行支援プログラム|筑波大学海外留学支援事業 2016年8月 - 2016年8月


【メディア報道】
虚弱進行を加速/ 高齢者の低栄養で
東奥日報 2022年12月
受 賞2023年3月 第8回日本栄養・嚥下理学療法研究会学術集会 セレクション演題

2021年10月 The 7th Asian Conference for Frailty and Sarcopenia (ACFS) Best Poster Award

2021年9月 学長賞 研究部門, 青森県立保健大学

2018年3月 第82回日本循環器学会 第8回コメディカル賞 最優秀賞 [The 82th Annual Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS), First Place Award (Nursing, Medicine and Rehabilitation Session)]

2017年6月 Asia Western Pacific Region of World Confederation for Physical Therapy congress 2017 Third Place Award

2015年10月 The 19th Annual Scientific Meeting of Japan Heart Failure Society Young Investigator's Award (YIA) 3 nominate

2013年11月 第67回国立病院機構総合医学会 ベストポスター賞
主な学会活動2023年7月 - 現在  日本栄養・嚥下理学療法学会 機関誌編集委員

2023年6月 - 現在  東京都理学療法士養成校協議会, 事務局長

2023年4月 - 現在  東京都理学療法士協会, 学術局 新人教育部 部員

2021年9月 - 現在  日本循環器理学療法学会, 選挙管理委員

2021年9月 - 現在  第6回 日本循環器理学療法学会学術大会 運営委員

2021年9月 - 現在  日本循環器理学療法学会 U40委員会 委員

2021年8月 - 現在  日本栄養・嚥下理学療法学会 評議員

2022年6月 - 2023年3月  青森県理学療法士会 表彰委員会 委員

2020年4月 - 2021年12月  日本循環器理学療法学会 COVID-19 対応特別チーム

2018年4月 - 2021年6月  公益財団法人 日本理学療法士協会 ガイドライン・用語策定委員会 心血管システマティックレビュー班 班員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 多職種連携学習(同時開講:多職種連携Ⅲ)
  • 多職種連携Ⅲ
  • 地域理学療法学臨床実習
オフィスアワー随時対応致します
研究室校舎棟162
内線番号
メールアドレス
研究室サイト等