ここからページコンテンツが開始します

看護学科

概要

学科長メッセージ

看護学科長 西村 ユミ
看護学科長
西村 ユミ

 首都大学東京健康福祉学部看護学科は、1986年に東京都立医療技術短期大学として設立され、その後、東京都立保健科学大学保健科学部を経て、2005年に新しい都立の大学として設立されました。現在、看護専門職として多くの卒業生が、多様な医療・教育機関や行政、企業などで、健康にかかわる課題に取り組んでおります。活躍の幅は地域の隅々から他国にまで広がり、人々の暮らしを支える人材として、高く評価されております。
併せて、大学院人間健康科学研究科人間健康科学専攻看護科学域は、2002年に保健科学研究科(修士)、2004年に博士後期課程の設立を経て、2005年より、現在の名称となりました。大学院生は全国から集まり、修了後は、看護科学を牽引する研究者として、次世代の看護職を育てる教育者として、より良い看護実践の実現をめざす実践者として、全国の教育機関や医療機関で活躍しております。

 このような、多様な場で専門家として活躍できる人材を育成するために、また、援助を必要とする人々がその人らしく暮らすことができる看護をめざして、本学科では、看護に関する基本的な考え方や態度、及び、幅広い専門領域における援助技術を身につけることのできるカリキュラムを用意しています。また、看護は援助を求める人々との相互作用によって成り立ちます。学生の皆さんの学習においても、一方的に知識を得るスタイルではなく、教員とともに試行錯誤しながら学生が相互に刺激を与えあい、主体性をもって学ぶことのできる体制を整えています。
 本看護科学域では、看護科学を構築するための足場を固めるために、多様かつ専門性の高い看護学の知識と研究方法を学ぶことのできるカリキュラムを準備しています。指導にあたる教員の専門性は幅広く、様々な方法で研究に取り組むことのできる環境にあります。博士前期課程には、修士論文のコースに加えて、専門看護師をめざすコース(小児看護学分野、在宅看護学分野)も準備しております。現代社会の健康に関する課題、さらには未来の看護のあり方をも射程に入れた研究活動が、日々のゼミナールでの議論を通して進められています。
次世代の看護学を、ともに学びつつ創造する仲間となって頂ける皆さんをお待ちしております。 

カリキュラムの特色・履修モデル

本学科のカリキュラムは、4年間を通じて専門性、科学性、倫理性の側面から学生が学習を重ね、卒業時に到達目標を達成できるよう構成されています。

1年次から3年次までに、23単位におよぶ長期間の実習を含めて各専門領域の学習を行います。4年次には、卒業研究や総合臨地看護学実習など、学習を統合する科目を設定します。

さらに、看護倫理学や看護管理学などの科目において、倫理的な判断能力、マネジメント能力の基礎を身につけます。

― 履修モデル ―
1年2年
都市教養
科目群
基礎ゼミナール、実践英語1A 1B 1C 1D
情報リテラシー実践1A、都市教養プログラム
□△日本国憲法
医療英語
共通
基礎教養
科目群
□△身体運動演習









構造機能学1(解剖学)
構造機能学2(生理学)
保健福祉行政論、社会福祉論
△教職入門、△教育原理、△教育心理学
△教育相談、△特別活動生化学、感染免疫学、看護病態生理学(病理学)
生命倫理、看護学概論1、看護学概論2
*構造機能学演習1(解剖学)、△教育の制度と社会
*構造機能学演習2(生理学)、△教育課程論
△教育方法論、△道徳教育論
薬理学、健康管理論、看護病態生理学(内科学)
看護病態生理学(神経内科学/小児科学)
看護病態生理学(脳神経外科学/精神医学)
看護病態生理学(外科学)
看護基礎援助学1(人間関係論)
看護基礎援助学2(日常生活援助技術論)
看護基礎援助学3(日常生活援助技術演習)
看護基礎援助学4(ヘルスアセスメント論)
実践基礎援助学(看護課程)
実践基礎援助学(看護課程演習)
成長発達看護学(成人)、成長発達看護学(母性)
△生徒指導看護疫学、看護病態生理学(周産期学)
看護基礎援助学5(ヘルスアセスメント演習)
看護基礎援助学6(診療援助技術論)
看護基礎援助学7(診療援助技術演習)
実践基礎援助学(急性期看護学概論)
実践基礎援助学(慢性期看護学概論)
成長発達看護学演習(成人)
成長発達看護学(小児)、精神看護学1
成長発達看護学(高齢者)、家族発達看護学
地域看護学1、ヘルスプロモーション看護論
基礎看護学実習1、基礎看護学実習2
△学校保健、△養護概論



3年4年









実践基礎援助学(急性期看護学各論)
実践基礎援助学(慢性期看護学各論)
成長発達看護学演習(母性)
成長発達看護学演習(小児)
成長発達看護学演習(高齢者)
精神看護学2、在宅看護学、在宅看護学演習
リハビリテーション看護学公衆衛生学、看護研究
臨地看護学実践実習(成人慢性期)
臨地看護学実践実習(成人急性期)
臨地看護学実践実習(母性)
臨地看護学実践実習(小児)
臨地看護学実践実習(高齢者)
臨地看護学実践実習(精神)
臨地看護学実践実習(在宅)
卒業研究1、看護管理学、看護管理学実習
総合臨地看護学実習、*英文文献購読
*医療経済学、*災害看護学
*国際看護学、*災害保健科学概論
□公衆衛生看護実践論、□公衆衛生看護技術論
□公衆衛生看護学実習(通年)
△養護実習事前事後指導
△養護実習1(通年)
△養護実習2(通年)
地域看護学2
ホスピス緩和ケア論、ヘルスアセスメント実践演習
看護倫理学
*卒業研究2、*ケアマネジメント論
*国際保健医療比較論、□公衆衛生看護管理論
□公衆衛生看護学実習(通年)
△養護実習1(通年)、△養護実習2(通年)
△教職実践演習(養護教諭)



*は選択(必修)科目、□は保健師選択者の選択科目、△は養護教諭課程選択者の選択科目。
科目表示は一部省略している。
*平成24年度入学者のカリキュラムを例示しており、入学年度により違いがある。

求められる学生像

母性看護学演習のようす 

看護は、胎児から死にゆく人まで様々な人々を対象として、保健・医療機関、福祉施設、在宅などあらゆる場において実践活動を行います。そのため、必要とされる高い看護実践能力や専門的知識、安全かつ的確に看護を提供できる技術・技能を積極的に修得しようという意欲の高い人、問題解決能力を備え、クリティカル・シンキングができる人、主体的に行動することができリーダーシップが発揮できる人、他者の尊厳を尊重することのできる豊かな人間性を持った人、広い視野で考えられる柔軟な発想力と行動力のある人を求めています。

卒業後の進路

看護師・保健師(都立病院や大学病院など病院)、保健所・市区町村の保健・福祉担当部署、学校・企業の健康管理担当部門、助産所、診療所、訪問看護ステーション、国・自治体の行政課、大学院進学など

卒業時に取得できる資格

  • 学士(看護学)
  • 看護師の国家試験受験資格
  • 保健師の国家試験受験資格(平成23年度入学者より選択制※になります。)
    ※一定の人数を超過した場合は、選考審査があります。

平成23年度からは、学士課程のカリキュラムをより充実させ、確かな実践能力を有した看護師・保健師の育成を目指します。
保健師国家試験に合格し保健師免許を取得した場合は、養護教諭免許(二種)を申請することが可能です。 

  • 養護教諭1種免許(所定の科目の単位を履修した者)

教員の専門分野・研究分野紹介

教員一覧を御覧下さい。