ここからページコンテンツが開始します

理学療法科学域

概要

学域長からのメッセージ

理学療法科学域 学域長 新田 收
理学療法科学域 学域長
新田 收

今日、保健・医療・福祉の領域では、高度な理学療法の専門的能力を備えた高度専門職業人の必要性が高まっています。本研究科理学療法科学域では障害者(児)から高齢者まで幅広い研究分野を設置し、様々な理学療法課題に応えられる臨床家、教育者および研究者の育成を目指しています。そこで身体機能回復理学療法学、運動障害分析理学療法学、地域理学療法学の3つの研究分野を設け、それぞれに博士前期課程および博士後期課程を設置しました。

博士前期課程は、理学療法学の高度専門知識の習得と技術の向上を目的に最新知見を教授し、専門職の発展に向けて創造的・科学的思考に基づき、自律した行動能力を持つ高度実践専門家や教育・研究者の養成を目指します。

博士後期課程は、博士前期課程の分野での学習・研究をさらに発展させ、大学や研究所、企業などで自律的に研究できる人材を養成することを目的としています。

研究分野

― 身体機能回復理学療法学分野 ―

この分野は徒手または内部障害理学療法学があります。徒手理学療法学は、中枢神経系疾患や骨関節疾患に対して施行されるPNF(固有受容性神経筋促通)法とモビライゼーション法の理論・技法を研究します。内部障害理学療法学は呼吸器疾患・虚血性心疾患等の内部障害に対する理学療法の評価と治療手技を研究します。

これらの分野の博士前期課程では、理学療法を学修した者がより高度な知識・技能修得を目指すと同時に身体機能回復科学を研究し、博士後期課程ではさらに特異的で高度な研究を発展させます。

― 運動障害分析理学療法学分野 ―

この分野は運動器、呼吸循環器、神経系などに係わる身体運動障害について多様な側面から、障害の分析・評価、理学療法治療について研究します。このような広範な対象領域を、障害を呈する年齢での特性を反映して、小児・成人・高齢者と区分して、研究・教育活動を進めてゆきます。博士前期課程では、理学療法に関する学習を修めたものが、より高度な知識を目指し研究の方法論と合わせて研究し、博士後期課程では、運動障害に係わる特定の研究課題について深く考究します。

― 地域理学療法学分野 ―

地域および在宅で生活をしている高齢者・障害者は、医療が終了または継続していても適切な、迅速に、効果的な理学療法を必要としています。同時に理学療法学の立場で法制度、福祉用具や住宅改修などを活用できる能力も求められます。博士前期課程では、本分野の幅広い視野を持ち高齢者・障害者の生活環境支援に関わる理論や技術を研究します。博士後期課程では、理学療法学に係わる生活環境支援の理論と技術をさらに発展させ、特定の研究課題について深く考究します。

各種情報

― 所在地 ―

荒川キャンパス

― 標準修業年限 ―

博士前期課程2年/博士後期課程3年

― 修了要件 ―

博士前期課程2年の在学期間、授業科目30単位以上の修得、学位論文、最終試験/博士後期課程3年の在学期間、授業科目14単位以上の修得、学位論文、最終試験

― 取得可能な学位 ―

修士(理学療法学)/博士(理学療法学、学術)

― 進 路 ―

大学教員、研究員、博士後期課程進学など

― 施 設 ―

大学院生室、実験施設等 

教員の専門分野・研究分野紹介

教員一覧を御覧下さい。