ここからページコンテンツが開始します

看護科学域

トップページ » 大学院案内 » 看護科学域

看護科学域のご紹介

看護学:知とアートの創造

看護科学域では、大都市で生活する人々および地域の「健康」をテーマとして看護科学の研究・教育を行っています。

近年の少子高齢化の問題や慢性疾患罹患患者の急激な増加に鑑み、健康長寿の伸延等を目的とした健康の維持・増進、生活習慣病や認知症などの疾病の予防および疾病からの回復、家族機能の維持・促進、終末期、医療者としての倫理の在り方などに焦点を当て、それらの健康課題を効果的・効率的に解決、支援する看護ケアについて個人レベルから地域のケアシステムモデル構築レベルまで発展させる研究を行なっています。

博士課程(前期)においては、教育者、研究者の育成とともに高度な看護学の知識と技術を有する高度実践的専門家(CNS)を育成しています。

博士課程(後期)においては、研究者、教育者として看護科学の発展に寄与し、保健医療・福祉の分野でのリーダーとなる人材を育成しています。