ここからページコンテンツが開始します

大学院案内

トップページ » 大学院案内

人間健康科学研究科の主な特色

人間健康科学研究科では、大都市で生活する人々の「健康」に関連する研究を重点的に行っています。とくに、首都大学東京の使命である「活力ある長寿社会の実現」に貢献する研究は、本専攻の重要課題のひとつです。

幅広い分野の理論や実践的知見を礎に確立された学問体系を基盤とし、それを深化させるとともに、学際的・融合的な研究体制 のもと、大学院教育が行われています。健康に関わる様々な分野における「高度実践的専門家」ならびに「先端的研究者」の育成を目指します。

研究科長からのメッセージ

人間健康科学研究科長
人間健康科学研究科長
渡邉 賢

人間健康科学研究科は、看護・理学療法・作業療法・放射線の医療科学分野と、身体運動・栄養・食品・疫学・生命科学の健康科学分野の専門家を擁し、大都市で生活する人々の「健康」に関わる研究・教育を多角的な視点から推進するきわめてユニークな研究科です。特に本学の最重要課題である「活力ある長寿社会の実現」に向けて、本研究科では各学問分野で「あらゆる世代・地域の人々が、自分の能力を発揮し活躍できる優しい社会」を目指した研究・教育が実施されています。理論と検証、更に実践的知見を礎として各分野における学問体系を確立・深化させることはもちろん、異なる分野間の学問交流を通じて有機的・融合的な研究・教育が機動的・弾力的に行われていることも本研究科の特徴です。更に、本研究科では研究成果を広く世界に発信すると共に、世界中の「健康増進」に向けた様々な先進的な活動を行っています。

健康に関わる最先端の研究・教育を推進している本研究科で、高い理想を持った「高度実践専門家」ならびに「先端研究者」を目指す皆さんが主体的に学んでくださることを期待いたします。


各域のご紹介

看護科学域、理学療法科学域、作業療法科学域、放射線科学域、フロンティアヘルスサイエンス学域は荒川キャンパス 
ヘルスプロモーションサイエンス学域は南大沢キャンパス
  • 看護科学域
    大都市で生活する人々及び地域の「健康」をテーマとし、看護科学の研究・教育を通じて個人と集団の「健康」に寄与し、生活の質の向上と活力ある長寿社会の実現を目指します。
  • 理学療法科学域
    臨床科学技術や都市生活者を中心とする人々の抱える具体的な健康・障害課題に対する理学療法の知識・技術と科学的思考能力を体系的・総合的に学びます。
  • 作業療法科学域
    これまでの学問領域にとらわれることなく、作業療法学を取り巻く学際的・融合的な教育と研究体制を構築することで、総合的な作業療法科学域を探究します。
  • 放射線科学域
    授業は研究の動向の紹介・展望や教員の研究成果に基づいた講義・演習から構成し、絶えず最新の知見を教授するように努めます。
  • フロンティアヘルスサイエンス学域
    健康科学・医学の諸課題に対して、生命科学・神経科学・筋肉科学などの学際的・先端基礎科学的研究戦略でアプローチします。
  • ヘルスプロモーションサイエンス学域
    運動と栄養の枠組みを超えた融合広領域的分野として、分子・遺伝子・細胞から人への応用までを扱う新しい健康科学・健康増進科学の推進を目的としています。