ここからページコンテンツが開始します

放射線科学域

トップページ » 大学院案内 » 放射線科学域

放射線科学域のご紹介

放射線学の専門知識と技術の最新の知見を教授することによって、1)創造的かつ科学的思考に基づいた高度放射線専門職の育成、2)専門領域における高度な知識、能力を有するのみならず、他領域の研究成果を理解し、それを統合化することによって先端医療技術を開発できる人材の育成を目指しています。

前期課程では8分野の他、保健科学系学部は勿論のこと、理工系学部・大学院出身者等の入学を視野に入れた医学物理士コースがあります。このコースでは、高度医療専門病院での先端医療の臨床実習を必修科目として組み込み、実践能力重視の教育を行います。

各分野の授業は研究の動向の紹介・展望や教員の研究成果に基づいた講義・演習から構成し、前者では絶えず最新の知見を教授するように努めています。また、後者では、先行研究を要約し、どのような研究の視点から新たな知見や独創性に到達したか解説し、洞察力・探求力の育成を図っています。