ここからページコンテンツが開始します

教員紹介

トップページ » 教員紹介 » 橋本 美芽
氏 名橋本 美芽 (ハシモト ミメ)
職 位准教授
所 属作業療法学科
作業療法科学域
年 報H25(Adobe PDF552KB)
 
専門・研究分野住環境整備学 ・ 医療・福祉工学 ・ リハビリテーション工学 ・ 建築計画学  
最終学歴・学位日本大学大学院理工学研究科博士後期課程修了 ・ 博士(工学)
研究テーマ高齢者・障がい者の生活支援としての住環境整備手法に関する研究
認知症高齢者の住環境整備手法に関する研究
介護保険制度における住宅改修に関する研究
身体機能と住環境・福祉用具の適合技術に関する研究
研究キーワード高齢者、障がい者、認知症高齢者、住環境整備、住宅改修、転倒予防、福祉用具
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【著書】
・橋本美芽、福祉用具プランナーテキスト、第25章住宅改造、426p-456p、486p-488p、公益財団法人テクノエイド協会、2017.6
・橋本美芽・他3名、自立支援のための住環境整備 福祉用具シリーズVol.21、公益財団法人テクノエイド協会、2016.12
・橋本美芽・他2名、はじめての住宅改修、入浴、トイレ〜わが家をバリアフリーに〜、一般財団法人保健福祉広報協会、2016.9
・野村 歡編・橋本美芽(分担執筆)「住環境のバリアフリー・ユニバーサルデザイン」彰国社 2015
・野村 歡・橋本美芽:著「OT・PTのための住環境整備論 第2版」三輪書店 2012
・橋本美芽(分担執筆)「第六訂・介護支援専門員標準テキスト第2巻、住宅改修および介護予防住宅改修」長寿社会開発センター2012
・橋本美芽・八藤後猛:著「改訂版・福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト,第5章第2節生活行為別福祉住環境整備の手法」東京商工会議所 2011

【原著論文】
・澤田有希,橋本美芽:住環境整備のための記録用紙の開発に関する研究―回復期リハビリテーション病棟における記録用紙のニーズの検討―,日本福祉のまちづくり学会。17(2):25-36,2015
・澤田有希,橋本美芽:回復期リハビリテーション病棟で使用している住環境整備のための記録用紙の記入項目に関する検討,東京作業療法,第3号,2-9,2015
・石橋裕,橋本美芽,長野博一:非閉じこもり高齢者の身体的健康感、公共交通機関の利用状況、まちづくりへの要望の関連性,福祉のまちづくり研究,17(1),21-30,2015.
・澤田有希,橋本美芽:回復期リハビリテーション病棟における住環境整備業務の実態〜住環境整備に関与する職種へのアンケートから〜,リハビリテーション・エンジニアリング,28(4):219-226,2013.
・Yu Ishibashi,Takashi Yamada, Norikazu, Kobayashi, Mime Hashimoto, Kirsty Forsyth:The relationship between homebound status occupational competence,and its effect of HRQOL.Hong Kong Journal of Occupational Therapy, 2013.
・澤田有希,橋本美芽:作業療法士が使用する住環境整備のための記録用紙に関する研究(第1報)―回復期リハビリテーション病棟における記録用紙の使用実態とその必要性―,日本保健科学学会誌,14(4),pp.213-222,2012
・澤田有希・橋本美芽:回復期リハビリテーション病棟に勤務する作業療法士が行う住環境整備の業務内容に関する研究.日本福祉のまちづくり学会論文誌,vol.13 No.3,pp.30-40.2011.

【総説】
・総合リハビリテーション 住宅支援用具 医学書院Vol.43 No.8,2015
・高齢者の生活行為と住環境-転倒予防に配慮した住宅の改修方法-,Aging & Health,No.74,24.2,p22-23,長寿科学振興財団,2015.7
・橋本美芽:特集)家屋改造の実際,高齢者.総合リハビリテーション42(1).p76-77.2014.1.
・橋本美芽:特集)家屋改造の実際,脳卒中片麻痺者-歩行可能な場合.総合リハビリテーション42(2).p171-173.2014.2.
・橋本美芽:特集)家屋改造の実際,脳卒中片麻痺者-車椅子生活の場合.総合リハビリテーション42(3).p271-273.2014.3
・橋本美芽:高齢者の視覚の特徴と住環境.地域リハビリテーション9(2)p101-105.三輪書店.2014.2
・障害のある人の住まい,住環境整備の考え方と技術的課題.ノーマライゼーション 障害者の福祉.Vol.31.No.6.p14-19.2011.6
・高齢者の住まいの現状・課題・今後の方向性,p5-10.福祉介護テクノプラス,日本工業出版.2012.3
受 賞・2009年度グッドデザイン賞 受賞(ネットワーク領域・パブリックコミュニケーション部門)
・第43回SDA(日本サインデザイン協会)賞 最優秀賞 受賞 2009
・日本医療の質・安全学会第2回「ベストプラクティス賞」受賞 2007
主な学会活動日本建築学会
日本リハビリテーション工学協会
日本福祉のまちづくり学会
日本生活支援工学会
日本認知症ケア学会
日本保健科学学会
社会等との関わり横浜市福祉のまちづくり推進会議委員
横浜市都市計画審議会委員
荒川区バリアフリー推進協議会会長、同住民委員会委員長
日本生活支援工学会理事
日本認知症ケア学会関東支部委員
日本リハビリテーション工学協会分科会SIG住まいづくり代表
日本建築学会建築計画委員会高齢者居住環境小委員会委員
介護保険における住宅改修の工程管理認定制度基準認定委員会委員
増改築相談員テキスト監修委員
個人のURL
担当科目
  • 移動の人間工学
  • 移動の人間工学
  • 住環境整備学
  • 住環境整備学実習
  • 生活支援環境学
  • 生活環境学
  • 生活環境分析学特論
  • 生活環境分析学特論演習
  • 生活環境分析学特講
  • 生活環境分析学特講
  • 生活環境分析学特講演習
  • 作業生活環境科学特論
  • 作業生活環境科学特論
  • 移動の人間工学
  • 移動の人間工学
オフィスアワー月曜 13:00-17:00、木曜 11:00-18:00
研究室校舎棟593号室
内線番号468
メールアドレスメールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等