ここからページコンテンツが開始します

図書館

トップページ » 図書館

大学での教育・研究にとって雑誌や図書などの文献情報は非常に重要なものです。近年では、オンラインデータベースや電子ジャーナルなどの電子メディアの利用ニーズが高まっています。

このような大学図書館の役割の変化に合わせて、従来からある印刷された資料の収集・保管・提供機能とともに、多様な電子メディアへの対応、情報検索サービスの向上、研究成果の情報発信を行っています。

また首都大学東京では、南大沢、日野、荒川、晴海の各キャンパス、各学部、研究科などに図書施設が所在しています。

図書館ホームページはこちら外部リンク

荒川館

荒川館は健康福祉学部の図書館です。高度な専門性を求められる看護師(保健師、助産師)、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師の養成に必要な資料を蔵書とするほか、内外の医学関係データベースを導入し、最新の文献情報の提供を行っています。

荒川キャンパス以外の図書館

地上3階・地下2階。南大沢キャンパスの中央に位置します。通常の閲覧席、個人スペースとして利用できるキャレル、グループでの討論に利用できる閲覧室、パソコン等の利用室があります。
蔵書は人文科学から自然科学まで幅広い分野にわたり、「水野家文書」などの貴重資料もあります。
※学部図書室等の蔵書を合わせると、南大沢キャンパス全体の蔵書数は、約185万冊になります。
日野館はシステムデザイン学部の図書館です。ヒューマンメカトロニクスシステム、情報通信システム、航空宇宙システム工学、経営システムデザイン、インダストリアルアートの各コースの学修、研究に必要な資料を収集提供しています。