ここからページコンテンツが開始します

教員紹介

トップページ » 教員紹介 » 菅又 昌実
氏 名菅又 昌実 (スガマタ マサミ)
職 位教授
所 属ヘルスプロモーションサイエンス学域
年 報
 
専門・研究分野衛生学、環境衛生学、感染症疫学、神経系ウイルス感染免疫学、防災医学、危機管理学、バイオセーフティ
最終学歴・学位日本獣医畜産大学(昭和50年卒業) 医学博士号(昭和62年取得)
研究テーマ大都市における公衆衛生学的諸問題についての研究-
(1):大規模災害における二次災害としての感染症流行阻止対策。
(2):東南アジアにおける新興再興感染症対策
(3):バイオセーフティを中心とした危機管理学
(4):100歳以上高齢者集団の医学生物学的に見た特性。
(5):ユニバーサルデザインとしてのヒトに優しい開封・容器デザインの基準作成。
(6):ウシ海綿状脳症(BSE)のヒトへの伝達(変異型クロイツフェルトヤコブ病:vCJD)メカニズムについての疫学的研究。
(7):胎児期における内分泌かく乱物質や感染性微生物等の環境因子の生後の精神・身体発達に及ぼす影響についての研究。
研究キーワード衛生学、大都市機能、大規模災害、加齢、ユニバーサルデザイン、百寿者、感染症、東南アジア、バイオセーフティ、危機管理学、プリオン病、胎児期、環境因子、神経系ウイルス、発達、生活の質(QOL)
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
(1):研究業績:
1.日本脳炎ウイルスの生態学的分布の限界について、およびウエストナイルウイルスの侵淫状況の把握-パキスタンにおける調査で日本脳炎が関与している可能性がないことを示した。
2.神経系ウイルス感染症の感受性成立における胎児期感染関与の疫学的・免疫学的検討で、妊娠中期にウイルスが胎児に移行しやすいことを発見し、また胎児の成語の免疫機能を実験的気に示した。
3.狂犬病ウイルスによる麻痺発生の責任細胞の発見。
4.旧ソ連における感染症対策支援のための疫学調査を行い、日本の支援によるジフテリア制御の実態を調査した。
5. 東南アジアにおける新興再興感染症研究拠点を、ヴェトナム国立フエ医科薬科大学感染症研究センター、及び国立マラヤ大学熱帯病研究教育センター(マレーシア、クアラルンプール)に開設した。共同研究の成果として、日本に存在しない蝙蝠由来のウイルスで人に軽い呼吸器系症状を呈する感染症がベトナム中部において侵淫していることを初めて明らかにした。

                                   以下再構築中

(2):著書:
1. 日本における伝染病との闘いの歴史 単著(2010)
健康と環境の科学-人類の明るい未来を目指して-南山堂 共著(2003)。
英語 3冊
和文 2冊

(3):論文-総説
世界の狂犬病発生状況を知る-情報源としてのオンラインソースの有効性 日本獣医師会誌(2001)。日本の人口その未来像-少子化の行方- クリンネス(2001)。21世紀における感染症対策 クリンネス(2001)。狂犬病ウイルス暴露後ワクチン接種の実際 WHO翻訳(1999)。エマージング・リエマージングウイルス感染症としての世界の狂犬病 日本獣医師会誌(1998)。

(4):論文-原著
1. Seasonal effects on reproduction, infection and psychoses. Progress in Biometeorology SPB Academic Publishing (1987).
2. Paralysis of street rabies virus-infected mice is dependent on T lymphocytes. J. Virology (1992).
3. Changes of brain gangliosides in rat ingected with Japanese encephalitis virus. Acta Virologica (1989).
4. 神経疾患発生の概年リズム-出生の季節性からの検討。Brain Medical(1993).
5. Seroepidemiological study of infection with West Nile virus in Karachi, Pakistan, in 1983 and 1985. J.Medical Virology (1988). 6. Neurological research of encephalitides in and around Karachi:The clinical Aspects J. Pakistan Medical Association (1986).
Sugamata, M., A preliminary survey of prevalence of infectious diseases in Hue, Central Vietnam among outpatients of the hospital of Hue University of Medicine and Pharmacy. The first Joint Symposium of Hue University of Medicine and Pharmacy (HUMP). Hue, Vietnam 2014.9.25
Sugamata, M., Basic strategy against emerge and reemerge infectious diseases in Southeast Asia ? The usefulness of established system (in Japanese). Inrenational Center, TMU 2014.3.3
Singh H, Morita T,Suzuki Y,ShimojimaM,Le Van A,Sugamata M,Yang Min: High sensitivity, high surface area Enzymed-linked Immunosorbent assayLe Van A,Sugamata M,Yang Min: High sensitivity, high surface area Enzymed-linked Immunosorbent assay. Biomed Mater Eng 2015 Dec. 17 26(3-4):115-127
Singh H, Morioka K, Shimojima M, Van An L, Nakajima H, HemmiA, Uchiyama K, Loong SK, AbuBaker S, Yang M, Sugamata M. A handy field protable ELISA-system for rapid onsite diagnosis of infectious diseasses. Jpn J. Infect Dis 2015 Nov 13:1-16
Singh H, Yoshikawa T, Kobayashi T, Fukushi S, Tani H, Taniguchi S, Fukuma A, Yang M, Sugamata M, Shimojima M, Saijo M. Rapid whole genome sequencing of Miyazaki-Bali/2007 Ptreopineorthoreovirusby modified rolling circular amplification with adaptor ligation-next generation sequencing. Sci. Rep. 2015 Nov 12:5:16517
Singh H, Shimojima M, Fukushi S, Le Van A, Sugamata M, Yang M. Increased sensitivity of 3D-Well enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) for infectious diseases detection using 3D-printing fabrication technology. Biomed Mater. Eng. 2015:26 Suppl 1:S45-53
Singh H, Shimojima M,Shiratori T, An Le V, Sugamata M, Yang M. Application of 3D Printing technology in increasing the diagnostic performance of enzyme-linked immunosorbent assay(ELISA) for infectious diseases. Sensors (Basel) 2015 Jul 8; 15(7):16503-16515
Singh H, Shimojima M, Mgoc TC, Quoc Huy NV, Chuong TX, Le VanA, Saijo M, Yang M, Sugamata M. Serological evidence of human infection with pteropine orthoreovirus in central Vietnam. 2015 July 30 87(12):2145-2148
Yano K. Commentary Identification of novel viral infcetions of human concern provides continued opportunity for strengthing systemic public health capacity in Southeast Asia 2015 July 30(87):1-2
受 賞PakistanのSind州において流行した原因不明脳炎に対する研究成果に対してシンド州政府より感謝状を授与された(1982-1985)。
主な学会活動個人正会員(アメリカウイルス学会、日本衛生学会、日本バイオセーフティー学会、日本バイオメディカルサイエンス研究会、日本保健科学学会)
社会等との関わり(1):厚生労働科学研究費採択中間審査委員(PO:Program Officer)(肝炎等克服政策研究事業、及び新興再興感染症対策事業の企画及び評価に関する
   研究分野)
(2):国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)事前・中間・事後審査委員(PO)(新興再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業分野)
(3):神戸市危機管理戦略委員会委員日本保健科学学会(評議員)
(4):ヴェトナム国立フエ医科薬科大学客員教授
個人のURL
担当科目
  • 環境と健康
  • 公衆衛生学
  • 感染・免疫学
  • 公衆衛生学特論
  • 環境と健康
オフィスアワー月-金 10:00-18:00(不在時メール・電話で要確認)。
研究室食品栄養科学・観光研究棟206号室
内線番号4666
メールアドレスメールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等