ここからページコンテンツが開始します

教員紹介

トップページ » 教員紹介 » 沼野 智一
氏 名沼野 智一 (ヌマノ トモカズ)
職 位准教授
所 属放射線学科
放射線科学域
年 報H25(Adobe PDF511KB)
 
専門・研究分野診断画像技術学, 核磁気共鳴画像学
最終学歴・学位日本大学大学院理工学研究科・博士(工学)
研究テーマ1.科学研究費補助金2013-2015, 基盤(C), 研究代表者
「新しいMRエラストグラフィ技術の実用化に関する研究」

2.研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)FS探索タイプ 2012.11-2013.10, 研究代表者
「新型MR Elastography加振動装置の試作と実用化の検証」

3.科学研究費補助金2010-2012, 若手(B), 研究代表者
「新しいMRエラストグラフィー用パルスシーケンスと加振器の開発」

4.科学研究費補助金2008-2009, 若手(B), 研究代表者
「新しい体幹部拡散強調MRIパルスシーケンスの開発-動物実験用MRI装置による開発-」

5.科学研究費補助金2006-2007, 若手(B), 研究代表者
「新しい拡散テンソルMRIパルスシーケンスの開発 -動物実験用MRI装置による開発-」

6.AMED 平成29-31年度「医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)」, 研究分担者
「時間分解X線位相エラストグラフィ法の開発」

7.科学研究費補助金2011-2013, 基盤(C), 研究分担者
「運動機能障害におけるエネルギー必要量の算出法の確立-二重標識水法と間接熱量測定法」

8.関東経済産業局分採択プロジェクト2010, 研究分担者
「MRI装置におけるNMR信号多重化光伝送装置の開発」

9.科学研究費補助金2008-2010, 基盤(C), 研究分担者
「小児の巧緻性障害に対する治療法の開発-臨床生理学と磁気共鳴画像法を用いた定量評価」

10.科学研究費補助金2005-2007, 基盤(C), 研究分担者
「脳の髄鞘形成障害の発症機序の解明 -ミュータントマウスと磁気共鳴による拡散画像法-」

11.首都大学東京傾斜的研究費 2009-2009, 若手奨励, 研究代表者
「新しいMRエラストグラフィー用加振器の試作」

12.首都大学東京傾斜的研究費 2008-2008, 若手奨励, 研究代表者
「新しい災害時X線画像診断装置の構築」
研究キーワードMRI, Elastography, Diffusion, Pulse sequence
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
誌上発表 (Impact Factor: IF, 5-year Impact Factor: 5-IF)

-- 筆頭・責任著者論文 10編 --
10. D Ito, T Numano, K Mizuhara, T Washio, M Misawa, N Nitta: Partial Volume Effect on MR Elastography. Open Journal of Medical Imaging 2017;7: 131-143

9. 伊東大輝, 沼野智一, 水原和行, 高本考一, 大西孝明, 西条寿夫: 棘上筋MR エラストグラフィ(MRE)に適応した振動システムの開発. 日本放射線技術学会雑誌. 2016;72(12):1222-1229

8. Ito D, Numano T, Mizuhara K, Takamoto K, Onishi T, Nishijo H: A new technique for MR elastography of the supraspinatus muscle: A gradient-echo type multi-echo sequence. Magnetic Resonance Imaging. 2016;34:1181-1188 (2016IF:2.225, 5-IF:2.669)

7. Numano T, Mizuhara K, Hata J, Washio T, Homma K: A Simple Method for MR Elastography: A Gradient-Echo Type Multi-Echo Sequence. Magnetic Resonance Imaging. 2015;33:31-37 (2015IF:1.980, 5-IF:2.327)

6. T Numano, K Hyodo, N Nitta, J Hata, N Iwasaki, K Homma: Apparent Diffusion Coefficient Mapping using a Multi-Shot Spiral MRI Sequence of the Rat Brain. Open Journal of Radiology 2014;4:13-24

5. Numano T, Kawabata Y, Mizuhara K, Washio T, Nitta N, Homma K: Magnetic Resonance Elastography using an air ball-actuator. Magnetic Resonance Imaging. 2013;31:939-946 (2013IF:2.022, 5-IF:2.218)

4. 沼野智一, 本間一弘, 岩崎信明, 兵頭行志, 新田尚隆: 水励起高速三次元拡散強調MRIパルスシーケンスの開発とラット骨盤部への生体応用. 日本磁気共鳴医学会雑誌. 2008;28:185-195

3. Numano T, Homma K, Iwasaki N, Hyodo K, Nitta N, Hirose T: In Vivo Isotropic 3D Diffusion Tensor Mapping of the Rat Brain using Diffusion-Weighted 3D MP-RAGE MR imaging. Magnetic Resonance Imaging. 2006;24:287-293 (2006IF:1.586, 5-IF:2.218)

2. Numano T, Homma K, and Hirose T: Diffusion-Weighted Three-dimensional MP-RAGE MR Imaging. Magnetic Resonance Imaging. 2005;23:463-468 (2005IF:1.361, 5-IF:2.218)

1. 沼野智一, 本間一弘, 高橋信幸, 廣瀬武志: 脂肪抑制高速三次元拡散強調MRIの開発と生体応用. 日本磁気共鳴医学会雑誌. 2005;25:108-117

-- 共著論文 22編 --
22. Nakamura M, Oyane A, Kuroiwa K, Shimizu Y, Pyatenko A, Misawa M, Numano T, Kosuge H: Facile one-pot fabrication of calcium phosphate-based composite nanoparticles as delivery and MRI contrast agents for macrophages. Colloids Surf B Biointerfaces 2018;162:135-145 (IF2016:3.887)

21. K. Hoshi, Y. Fujihara, Y. Mori, Y. Asawa, S. Kanazawa, S. Nishizawa, M. Misawa, T. Numano, H. Inoue, T. Sakamoto, M. Watanabe, M. Komura, T. Takato: Production of three-dimensional tissue-engineered cartilage through mutual fusion of chondrocyte pellets. International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery. 2016;45(9) 1177-85 (IF2016:1.918)

20. Fujihara Y, Nitta N, Misawa M, Hyodo K, Shirasaki Y, Hayashi K, Kosaka R, Homma K, Numano T, Kuribayashi S, Watanabe Y, Sato J, Ohtomo K, Takato T, Hoshi K: T2 and ADC of MRI Reflect Maturation of Tissue-engineered Auricular Cartilage Subcutaneously Transplanted in Rats. Tissue Eng Part C Methods. 2016;22(5) 429-438 (2014IF:4.46)

19. J Hata, H Nagata, K Endo, Y Komaki, M Sato, T Numano, K Yagi: Assessment of Human Skeletal Muscle Contraction and Force by Diffusion Tensor Imaging. Open Journal of Radiology. 2015;5:189-98

18. Misawa Masaki, Nitta Naotaka, Shirasaki Yoshio, Hayashi Kazuhiko, Kosaka Ryo, Hyodo Koji, Numano Tomokazu, Homma Kazuhiro, Kuribayashi Shota, Fujihara Yuko, Hoshi Kazuto: Characteristic X-ray absorptiometry applied to the assessment of tissue-engineered cartilage development. Journal of X-Ray Science and Technology. 2015;23:489-502 (2014IF:1.462)

17. Junichi Hata, Kazuo Yagi, Keigo Hikishima, Tomokazu Numano, Masami Goto, Keichi Yano: Characteristics of diffusion-weighted stimulated echo pulse sequence in human skeletal muscle. Radiol Phys Technol 2013;6:92-97

16. Li BN, Chui CK, Ong SH, Numano T, Washio T, Homma K, Chang S, Venkatesh S, Kobayashi E: Modeling shear modulus distribution in magnetic resonance elastography with piecewise constant level sets. Magnetic Resonance Imaging. 2012;30:390-401 (2012IF:2.060, 5-IF:2.218)

15. Tanaka R, Iwasaki N, Hayashi M, Nakayama J, Ohto T, Takahashi M, Numano T, Homma K, Hamano K, Sumazaki R: Abnormal brain MRI signal in 18q-syndrome not due to dysmyelination. Brain & Development. 2012;34:3:March:234-237 (2012IF:1.660, 5-IF:1.869)

14. Aoki T, Watanabe A, Nitta N, Numano T, Fukushi M, Niitsu M: Correlation between apparent diffusion coefficient and viscoelasticity of articular cartilage in a porcine model. Skeletal Radiology. 2012;41(9):1087-92 (2012IF:1.741, 5-IF:1.709)

13. Machida H, Yuhara T, Tamura M, Numano T, Abe S, Sabol JM, Suzuki S, Ueno E: Radiation dose of digital tomosynthesis for sinonasal examination: Comparison with multi-detector CT. European Journal of Radiology. 2012;81:3:June:1140-1145 (2011IF:2.606, 5-IF:2.673)

12. 畑純一, 沼野智一, 水原和行, 鷲尾利克, 高本孝一, 西条寿夫, 本間一弘, 八木一夫, 矢野敬一: MR Elastography を用いた筋収縮による硬度変化の計測. 日本磁気共鳴医学会雑誌. 2012;32 / 1:21-24

11. Miyata S, Homma K, Numano T, Tateishi T, Ushida T: Evaluation of negative fixed-charge density in tissue-engineered cartilage by quantitative MRI and relationship with biomechanical properties. J Biomech Eng. 2010;132:071014 (2010IF:1.584, 5-IF:2.35)

10. Hiroki Kudo, Naoki Mukai, Chen Gouping, Tomokazu Numano, Kazuhiro Honma, Tetsuya Tateishi, Yutaka Miyanaga, Syumpei Miyakawa: The evaluation of collagen gel with various connection states by using MRI. Materials Science and Engineering: C. 2008;28(2):270-273 (2008IF:1.812, 5-IF:2.596)

9. Hikishima K, Yagi K, Numano T, Homma K, Nitta N, Nakatani T, Hyodo K: Volumetric q-space imaging by 3D diffusion-weighted MRI. Magnetic Resonance Imaging. 2008;26:437-445 (2008IF:1.871, 5-IF:2.286)

8. 畑純一, 八木一夫, 疋島啓吾, 鈴木雄一, 沼野智一: 誘発エコーEPIによる拡散強調撮像法(DW STE-EPI). 日本磁気共鳴医学会雑誌. 2008;28 / 1:10-17

7. Shogo MIYATA, Tomokazu NUMANO, Kazuhiro HOMMA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA: Feasibility of Noninvasive Evaluation of Biophysical Properties of Tissue-Engineered Cartilage by Using Quantitative MRI. J Biomech. 2007;40:2990-2998 (2007IF:2.897, 5-IF:3.252)

6. 疋島啓吾, 本間一弘, 早水紀久子, 相原雄一, 沼野智一, 新田尚隆, 八木一夫: イオン流動効果のMRIテンソル表示. 生体医工学. 2007;45(4): 292-297

5. 疋島啓吾, 沼野智一, 本間一弘, 新田尚隆, 中谷徹, 兵頭行志, 八木一夫: 高分解能3D q-space mapの生体適用. 日本磁気共鳴医学会雑誌. 2007;27:33-39

4. 宮田昌悟,沼野智一,本間一弘,立石哲也,牛田多加志: Quatitative-MRIによる再生軟骨の 組織成熟度評価. 日本臨床バイオメカニクス学会誌. 2007;28:41-46

3. 加藤洋,福士政広,安部真治,乳井嘉之,沼野智一,木村純一,三田創吾: X線防護材としての無鉛ボードの評価. 日本放射線技術学会雑誌. 2007;63(4):428-435

2. Shogo MIYATA, Kazuhiro HOMMA, Tomokazu NUMANO, Katsuko FURUKAWA, Tetsuya TATEISHI, Takashi USHIDA: Assessment of Fixed Charge Density in Regenerated Cartilage by Gd-DTPA - Enhanced MR Imaging. Magnetic Resonance in Medical Science. 2006;5:73-78 (2010IF:0.99)

1. 西田正浩, 本間一弘, 沼野智一: ダイアライザ内の流速測定 -粒子画像流速測定法を用いたヘッダ内の測定-. 生体医工学. 2005;43:50-57

特許(国際)
「磁気共鳴エラストグラム(MRE)の作成方法及び作成装置,並びに磁気共鳴エラストグラム(MRE)作成用のボールバイブレータ」
出願方法:「JST特許出願制度」によるPTC出願
出願番号: PTC/JP2010/004037
発明者: 沼野智一,川畑義彦
特許権者: 公立大学法人首都大学東京

METHOD FOR PRODUCTING A MAGNETIC RESONANCE ELASTOGRAM (MRE), DEVICE FOR PRODUCING THE SAME, AND BALL VIBRATOR FOR PRODUCING THE SAME
U.S. Patent Application: No.13/133,527
Inventors: Tomokazu NUMANO, Yoshihiko KAWABATA
Patent Owner: Tokyo Metropolitan University

METHOD FOR PRODUCTING A MAGNETIC RESONANCE ELASTOGRAM (MRE), DEVICE FOR PRODUCING THE SAME, AND BALL VIBRATOR FOR PRODUCING THE SAME
Europe Patent Application: 10828032.2
Inventors: Tomokazu NUMANO, Yoshihiko KAWABATA
Patent Owner: Tokyo Metropolitan University

特許(国内)
「MRエラストグラフィと拡散強調画像を同時に得る方法」
出願番号: 特願2018-004937
発明者: 沼野智一, 伊東大輝, 三澤雅樹, 鷲尾利克
特許権者: 公立大学法人首都大学東京, 国立研究開発法人産業技術総合研究所

「磁気共鳴撮影装置」
出願番号: 特願2015-196828
公開番号: 特開2017-064309
発明者: 沼野智一
特許権者: 公立大学法人首都大学東京

「磁気共鳴エラストグラム(MRE)の作成方法及び作成装置,並びに磁気共鳴エラストグラム(MRE)作成用のボールバイブレータ」
特許番号: 第5376593号
出願番号: 特願2009-256251
公開番号: 特開2011-098158
発明者: 沼野智一, 川畑義彦
特許権者: 公立大学法人首都大学東京, 高島製作所株式会社

「軟X線減弱性織物及び軟X線減弱性衣服」
出願番号: 特願2012-75789
公開番号: 特開2013-204200
発明者: 宮川雅年, 加藤 洋, 沼野智一
特許権者: 株式会社セーレン, 公立大学法人首都大学東京

著書
1.「新・医用放射線技術実験 臨床編 第3版」[共著] 1.6.7 T1値の測定, 1.6.8 T2値の測定 共立出版. ISBN 978-4-320-06182-8 (2016)

2.「放射線機器学(1)-改訂新版-」[共著] 第11章MRI, 第13章眼底カメラ コロナ社. ISBN 978-4-320-06175-0 (2015)

3. 「医用放射線辞典-第5版-」[共著] 共立出版. ISBN 978-4-320-06175-0 (2013)

4. MRエラストグラフィがもたらす情報 -筋の硬さ評価を中心に. Ⅱ骨格筋の画像評価最前線 INNERVISION 2012 NARCH:24-27 インナービジョン. ISBN 0913-8919 (2012)

5.「新・医用放射線技術実験 臨床編 第2版」[共著] 1.6.7 T1値の測定, 1.6.8 T2値の測定 共立出版. ISBN 978-4-320-06169-9 (2010)

6.「はじめての放射線物理学」翻訳 [共著] 第1章-3章, 第5章-8章, 第15章-18章 メディカル・サイエンス・インターナショナル. ISBN 978-4-89592-565-5 (2008)
受 賞European Conference of Radiology (ECR) 2018, MAGNA CUM LAUDE Radiographer Poster Award (筆頭)
第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 優秀演題賞 (共著)
第69回日本放射線技術学会総会学術大会, CyPos賞 銀賞(筆頭)
第39回日本磁気共鳴医学会大会, 学術奨励賞(共著)
第34回日本磁気共鳴医学会大会, 学術奨励賞(共著)
主な学会活動日本磁気共鳴医学会
日本放射線技術学会
European Society of Radiology(ESR)
International Society of Magnetic Resonance in Medicine, Section for Magnetic Resonance Technologists(ISMRM/SMRT)
日本生体医工学会
日本臨床バイオメカニクス学会
社会等との関わり平成29年度 ひらめき☆ときめきサイエンスKAKENHI
HT29089-1,2
磁場の力を使って人体内部を視る・測る・診る。-磁場の力を利用するMRI- 2017edition
実施代表者

平成28年度 ひらめき☆ときめきサイエンスKAKENHI
HT28083-1,2
磁場の力を使って人体内部を視る・測る・診る。-磁場の力を利用するMRI- 2016edition
実施代表者

平成26年度 ひらめき☆ときめきサイエンスKAKENHI
HT26070-1,2
磁場の力を使って人体内部を視る・測る・診る。-磁場の力を利用するMRI-
実施代表者

日本磁気共鳴専門技術者認定機構
理事
個人のURL
担当科目
  • 医用核磁気学
  • X線撮影技術学実習Ⅱ
  • 画像診断撮像技術学
  • ペイシェントケア論Ⅰ
  • X線撮影技術学Ⅱ
  • X線撮影技術学実習Ⅰ
  • 画像診断臨床実習
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特論
  • 放射線科学特論
  • 放射線科学臨床実習
  • 放射線診断物理学特論
  • 放射線診断物理学特論
  • 放射線診断物理学特論演習
  • 放射線診断物理学特論演習
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特講
  • 放射線科学特講
  • 放射線診断物理学特講
  • 放射線診断物理学特講
  • 放射線診断物理学特講演習
  • 放射線診断物理学特講演習
  • 特別臨床研修Ⅰ
  • 特別臨床研修Ⅱ
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究b
オフィスアワー月-金 9:30-18:30
研究室校舎棟519号室
内線番号464
メールアドレスメールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等