ここからページコンテンツが開始します

教員紹介

氏 名井上 薫 (イノウエ カオル)
職 位准教授
所 属作業療法学科
作業療法科学域
年 報H25(Adobe PDF559KB)
 
専門・研究分野作業療法学 ・ 医療・福祉工学
資格:作業療法士,福祉用具プランナー,認知症ケアマッピング上級ユーザー
最終学歴・学位芝浦工業大学大学院工学研究科機能制御システム専攻博士課程修了・博士(学術)
研究テーマ1.ロボットセラピーの臨床研究(コミュニケーションロボット)
2.作業療法教育法に関する研究(行動計量・評価,アクティブラーニング)
3.産学連携による家電製品・福祉用具の開発
4.福祉用具に関する研究全般,特に認知症を有する高齢者に対する福祉用具等を使用した支援
研究キーワードリハビリテーション,作業療法学,評価・測定,バーチャルリアリティ,福祉用具,支援技術,ロボット,作業療法教育
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
<教科書・参考書 例>
テクノエイド協会:福祉用具プランナーテキスト第9版,第9章「認知症の理解」,P103-116,サンワ出版,2017,東京

白澤正和, 岡田進一, 他編集:介護支援専門員現任者研修テキスト第1巻,専門研修課程Ⅰ,第6章リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例.P219-264,中央法規,2016,東京.

白澤正和, 岡田進一, 他編集:介護支援専門員現任者研修テキスト第2巻,専門研修課程Ⅱ,第2章リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例.P57-89,中央法規,2016,東京

白澤正和, 岡田進一, 他編集:介護支援専門員現任者研修テキスト第4巻,主任介護支援専門員更新研修,第2章リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例.P53-89,中央法規,2016,東京

奈良勲編集主幹:実学としてのリハビリテーション概観.66-76,文光堂,東京,2015年2月(分担)

産業技術総合研究所ユーマンライフテクノロジー研究部門編集,福祉技術ハンドブック―健康な暮らしを支えるために―朝倉書店,東京,2013
分担執筆:1.健康と福祉に関わるヒトの身体特性1.10.3作業療,134-139

宮口秀樹監修,小川真宏,西田征治,内田達二編集;認知症をもつ人への作業療法アプローチ.メジカルビュー,東京,2014
分担執筆:第7章 機器・装置を用いた支,152-162

玉垣 努,渡邊慎一編集:福祉用具・住環境整備の作業療法.中央法規,2013,東京
分担執筆:排泄関連1.定義・基礎知,181-191


<解説 例>
井上 薫著:作業療法ジャーナル第51巻1号,【ロボットテクノロジーと作業療法】 認知症の人に対するセラピー用ロボット・パロの実践 暮らしをより豊かにするための支援. P38-46,三輪書店,2017,東京

井上 薫:認知症をもつ高齢者に対するケアにおけるロボットの活用.病院設備57(2):36-39,2015年3月


<研究論文・査読付Proceedings 例>
Hitomi Saito, Chihiro Sasaki, Kaoru Inoue: What should school teachers take care for their students before they have clinical training? - Differences in instructors’ training views and roles due to differences in their experience ?. COTEC-ENOTHE,June 15-19 2016

R.Kruijne, 小林隆司, M. v Hartingsveldt, 井上薫, M.Pol, 伊藤祐子, P.Bontje: Exploring Dutch and Japanese Perspectives on Healthcare Technology, Jubileum Congres Ergotherapie, Bunnik, 24 March 2017

Kaoru Inoue, Naomi Sakuma, Maiko Okada, Chihiro Sasaki, Mio Nakamura, and Kazuyoshi Wada: Effective Application of Palro; Humanoid Type Robots for People with Dementia. 14th International Conference on Computers Helping People with Special Needs 2014: 451-455, July 2014.

Noor Ayuni binti Che Zakaria1, Takashi Komeda, Cheng Yee Low, Kaoru Inoue: Emulating Upper Limb Disorder for Therapy Education, International Journal of Advanced Robotic Systems, 11:183, doi: 10.5772/58893, July 2014.

Noor Ayuni Che Zakariaa,b, Cheng Yee Lowb,d, Fazah Akthar Hanapiahc,d, Takashi
Komeda, Kaoru Inoue, M.S. Shazidib, H. Mohamad Hamsanb: Evaluation of upper limb spasticity towards the development of a high fidelity part-task trainer. Procedia Technology 15: 818-827, Sep 2014.

Noor Ayuni Che Zakaria, Takashi Komeda, Cheng Yee Low, Kaoru Inoue, Fazah Akhtar Hanapiah: A Questionnaire-Based Survey: Therapist’s Response towards the Upper Limb Disorder Learning Tool, World Academy of Science, Engineering and Technology
International Journal of Medical, Health, Pharmaceutical and Biomedical Engineering: 8(9): 603-606, July 2014.

Noor Ayuni Che Zakaria, Takashi Komeda, Cheng Yee Low, Kaoru Inoue, Stephan Raczak: Emulation of Spasticity Symptoms in Upper Limb Part-Task Trainer for Physiotherapist Education. 2013, Applied Mechanics and Materials, Vol. 393, 999-1004.
DOI: 10.4028/www.scientific.net/AMM.393.999

Mio Nakamura, Yohei Kume, Jun Suzurikawa, Shohei Tsukada, Hideo Kawakami, Kaoru Inoue, Takenobu Inoue, Development of Transfer Assist Robot Based on the User Needs, Journal of Robotics and Mechatronics,Vol.25,No.6,pp992-999,2013

Ayuni, C.Z.N.; Komeda, T.; Cheng Yee Low; Inoue, K., "Emulation of muscle tone of upper limb spasticity and rigidity," Neural Engineering (NER), 2013 6th International IEEE/EMBS Conference on Neural Engineering, pp.1590-1593, 6-8 Nov. 2013
DOI: 10.1109/NER.2013.6696252
URL:http://ieeexplore.ieee.org/stamp/stamp.jsp?tp=&arnumber=6696252&isnumber=6695843

Kaoru Inoue, Mio Nakamura, Naomi Sakuma, Maiko Okada: Turning Off or Turning On?: Two Different Ways to Use a Baby Seal Shaped Robot PARO in Occupational Therapy for Patients with Dementia. Assistive Technology Research Series,Vol. 33, from research to practice, IOS Press, 875-879, Amsterdam, 2013.

佐々木千寿,井上 薫,谷村厚子,大嶋伸雄:業療法士養成校における模擬患者を活用した講義の現状調査.東京作業療法2:32-39,2014

Mio Nakamura, Jun Suzurikawa, Akihiro Ohta, Yohei Kume, Hideo Kawakami, Kaoru Inoue, Takenobu Inoue , Methodology for user and user's life centered clinical evaluation of assistive technology(ULCEAT):Evaluation with prototype Roboticbed, Technology and Disability24,pp273-282,2012

Kazuyoshi Wada, Yasuhiro Kouzuki and Kaoru Inoue, Field Test of Manual for Robot Therapy using Seal Robot, Int. Conf. on Biomedical Robotics and Biomechatronics, pp.234-239, 2012.

井上 薫,谷村厚子,佐々木千寿,大嶋伸雄:作業療法士養成校における模擬患者等の協力を得て実施している教育活動の現状.東京作業療法1:17-25,2013

Mio Nakamura, Jun Suzurikawa, Akihiro Ohta, Yohei Kume, Hideo Kawakami, Kaoru Inoue, Takenobu Inoue: Clinical Evaluation of The Prototype Roboticbed in an Experimental Environment, RESNA 2012 annual conference ,Scientific Paper, 7/2012,Baltimore,USA

Noor Ayuni Che Zakaria, Takashi Komeda, Cheng Yee Low, Kaoru Inoue; High-fidelity Part-Task Trainer of Upper Limb Disorder for Physiotherapist Education, Proceedings of the 12th International Conference on Signal Processing, Robotics and Automation ISPRA '13, Cambridge, UK, February 20-22, 2013. Pp. 165-170

Kaoru Inoue, Hitomi Saito, Atsuko Tanimura, Nobuo Oshima.The Analysis of Modified OSCE for Occupational Therapy Students,8Y6, AMEE2011.

Kaoru Inoue, Yuko Ito, Yumi Ikeda, Yoshiyuki Takahashi, Takafumi Terada, Takashi Komeda. The Evaluation of Upper Limb Motion with Haptic Rehab System, the 11th European Conference for the Advancement of Assistive Technology: AAATE2011.

Kaoru Inoue, Kazuyoshi Wada, Reona Uehara. How Effective is Robot Therapy?: PARO and People with Dementia, 5th European Conference of the International Federation for Medical and Biological Engineering: IFMBE Proceedings 37 , pp. 784-787 , IFMBE2011.

Kaoru Inoue, Yuko Ito, Yumi Ikeda, Yoshiyuki Takahashi, Takafumi Terada, Takashi Komeda. Evaluation of Precision and Fluidity of Upper-limb Movement, 5th Asia Pacific Occupational Therapy Congress: APOTC2011.

Kazuyoshi Wada, Yasuhiro Kouzuki, Kaoru Inoue and Reona Uehara, Field Test of Caregiver’s Manual for Robot Therapy using Therapeutic Seal Robot, Alzheimer’s Association International Conference 2011 Abstract CD-ROM, P3-378.

<最新の学会発表 例>
矢箟原 隆史, 井上 薫, 佐々木 千寿:日本作業療法学会抄録集第50回,介護保険制度における福祉用具に関する文献研究.P140PP-2-4A,2016.09.09

竹嶋 理恵, 井上 薫, 近藤 知子:日本作業療法学会抄録集第50回,移動手段としてのハンドル形電動車椅子の可能性.P91OL-1-2,2016.09.09

井上 薫, 佐久間 尚実, 佐々木 千寿, 田邉 由紀江:日本作業療法学会抄録集第50回,介護拒否を訴える認知症をもつ在宅高齢者に対するメンタルコミット・ロボット・パロの活用 ヘルパーによる観察記録のテキスト分析.P130PL-3-1A,2016.09.10

山本 昇志, 本田 秀明, 井上 薫, 原 直人, 津村 徳道:日本交通科学学会誌第16巻,視線挙動測定による状況判断能力の評価.P110-111,2016.06.18

井上 薫, 山本 昇志, 本田 秀明, 佐々木 千寿, 佐久間 尚実, 岡田 麻衣子, 河野 光伸:日本認知症ケア学会誌第15巻1号,「観察」に焦点を当てた認知症早期発見に関する和文献の計量テキスト分析.P290,2016.04.05

柴田 崇徳, 井上 薫, 福井 貴弘:日本認知症ケア学会誌第15巻1号,地域包括医療ケアにおける、アザラシ型ロボット・パロによる認知症ケアと介護負担の軽減化.P88,2016.04.04
受 賞平成17年10月,伊藤祐子,井上薫,池田由美,寺田尚史:第5回日本VR医学会学術大会奨励賞「Haptic Device を使用した上肢・認知機能評価・トレーニング装置の開発―発達障害児に対する評価・訓練プログラム―」(共同研究者)
主な学会活動日本作業療法士協会,日本リハビリテーション工学協会,自動車技術会,日本職業リハビリテーション学会,神経心理学会,日本保健科学学会,人間工学会,日本生活支援工学会,ライフサポート学会,バイオメカニズム学会,プラネット(福祉用具プランナー),日本バーチャルリアリティ医学会等
社会等との関わり<学外>
日本生活支援工学会編集委員ならびに理事、リハビリテーション工学協会代議員、日本保健科学学会編集委員、道具とくらしの研究会編集委員長ならびに事務務局員、東京都作業療法士会福祉用具委員会部員、NPO法人その人を中心としたケアを考える会運営委員、医療福祉系専門職養成教育の指導力スキルアップ研究会副委員長、ぷらねっと(福祉用具プランナーの団体)会員。
・介護保険認定審査委員(荒川区)としての職務に従事
・各種講演会活動、TVへの出演、新聞、雑誌等の取材対応等に対応。Financial post、時事通信社向けの新聞記事の取材等
・一部ボランティア団体において、ロボットセラピーを生かした癒し活動の提供(研究成果の還元)
・東京都産業技術発表会、日本発達系作業療法学会第5回学術大会、市民団体での講演会等に招聘
個人のURL
担当科目
  • 生活支援機器学演習
  • 作業療法支援機器研究
  • 地域作業療法学実習
  • 作業運動学実習
  • 身体作業療法学Ⅰ
  • 作業療法総合演習Ⅰ
  • 作業療法総合演習Ⅱ
  • 作業療法教育学特論
  • 作業療法教育学特論
  • 医療福祉制度概論
  • 医療福祉制度概論
  • 作業生活環境科学特論
  • 作業生活環境科学特論
  • 福祉機器関連適用学特論
  • 福祉機器関連適用学特論
  • 福祉機器関連適用学特論演習
  • 福祉機器関連適用学特論演習
  • 福祉機器関連適用学特講
  • 福祉機器関連適用学特講
  • 福祉機器関連適用学特講演習
  • 福祉機器関連適用学特講演習
オフィスアワー毎週 水曜日午後,木曜日午前
研究室校舎棟589号室
内線番号
メールアドレス
研究室サイト等