ここからページコンテンツが開始します

荒川キャンパスMRIについて

トップページ » 関連リンク » 荒川キャンパスMRIについて

荒川キャンパスMRIのご利用のご案内

首都大学東京では、平成22年1月に荒川キャンパス内にPhilips社製MRI装置(Achieva3.0T)を設置しました。
MRIは放射線を使わず磁石の力で生体内のさまざまな情報を断層画像として得ることができます。
学内外からのご利用をお待ちしております。

MRIの概要

  • MRIはMagnetic Resonance Imagingの略で磁気共鳴断層影像法とも呼ばれています。
    イメージ01

  • 放射線を使わず磁石によって生じる磁場と、体内にある水素原子とが作り出す関係によって断層画像が得られるので放射線被ばくがありません。
    イメージ02