ここからページコンテンツが開始します

学部長メッセージ

トップページ » 学部長メッセージ
生命の質・生活の質が強く求められる今、
その期待に応える保健・医療の「知の拠点」

誰もが幸福な生活を日々送ることのできる「活力ある長寿社会」の構築を実現するために豊かな人間性を備えた保健・医療職業人の育成を目指します。

木下 正信 学部長
健康福祉学部長
木下 正信

首都東京では、保健・医療・福祉の今日的課題が集約され、様々に顕在化しています。そのひとつが少子高齢化問題です。とくに、都市においては老々介護、核家族化、そして都市のコミュニティ崩壊の中での独居高齢者に対するケアが大きな課題となっています。さらに、東日本大震災を踏まえて大都市災害に対する対応も社会的関心を集めており、多くの課題を抱える東京において、そこに住み、集うあらゆる世代の人々がそれぞれの人生を安心して送ることができる、そして、個々の幸福を追求することができる「活力ある長寿社会」の構築が求められています。このような状況の中で、その実現において重要な役割を担うのが、保健・医療・福祉のスペシャリストたちです。

本学部ではこのような社会のニーズと期待に応えるため、看護学科、理学療法学科、作業療法学科、放射線学科の各学科において、都民の保健・医療の向上に寄与することのできる高度実践的なスペシャリストの育成に努めています。本学部では、とくに力を入れているのが、実地に役立つ実践的な専門教育と、健康・医療の現場に立つ人間として必要な人間性教育です。さらに、より高度な専門教育を行う大学院を設置し、東京都医学研究機構(神経科学総合研究所、精神医学総合研究所および臨床医学総合研究所)や東京都健康長寿医療センター研究所といった最前線の医療現場に従事する臨床家や研究者に講師を依頼し、より実践的な学部教育を通して柔軟な応用力を身につけた保健・医療の専門家の育成に努めています、

保健・医療の「知の拠点」、健康福祉学部。その新たな歴史を作り、明日の健康・医療を担うのは、意欲と情熱にあふれた皆さん自身です。