ここからページコンテンツが開始します

キャンパスライフ

トップページ » キャンパスライフ » インフルエンザなどに感染したら

インフルエンザなどに感染したら

インフルエンザ、麻疹、風疹、流行性耳下腺炎などの感染症の発症が疑われる場合はすみやかに医療機関で受検し、感染と診断された際は必ず学生窓口(学務課教務係)に連絡をしてください。
<電話 03-3819-1211 内線222>

  • 教員ではなく、学生窓口を第一連絡先とします。ただし、実習等で特に必要な場合は、担当教員へも連絡をするようにしてください。
  • 連絡をいただいた際に聞取りにより『インフルエンザ様疾患報告票』を作成しますが、後日、本人が作成の上、窓口に提出いただいても構いません。
    報告票はこちら(Microsoft Excel15.6KB)
  • インフルエンザをはじめとする主な感染症はWillの補償範囲に含まれますので、加入者は後日請求手続きをしてください。

    <給付内容>
       入院日額・通院日額
       医療費(初診料・診察費・薬代。ただし検査代は除く)

  • 感染症により授業もしくは試験を欠席した場合は、治癒後に「欠席届」もしくは「受験願(追試験)」を学生窓口に提出してください。
  • 学校保健安全法施行規則による出席停止期間の基準は、インフルエンザの場合「発症した後5日(発症日は含まない)を経過し、且つ解熱した後2日を経過するまで」となっています。